教保文庫、1月の月間ベストと注目の新刊(韓国小説)

教保文庫の2024年1月の月間ベスト10と注目の新刊情報(韓国小説)をご紹介します。1位に返り咲いた『모순(矛盾)』をはじめ根強い人気の『불편한 편의점(不便なコンビニ)』など、ロングセラー作品の目立つランキングとなりました。また、昨年大ヒットした『메리골드 마음 세탁소(マリーゴールド 心のクリーニング屋)』のシリーズ2作目となる『메리골드 마음 사직관(マリーゴールド 心の写真館)』が刊行され注目です。

1位:『모순(矛盾)』(ハードカバー)梁貴子(ヤン・グィジャ)著(スダ/2013.4.1)
2位:『아주 희미한 빛으로도(ほんのかすかな光でも)』チェ・ウニョン著(文学トンネ/2023.8.7)
3位:『구의 증명(クの証明)』チェ・ジニョン著(ウネンナム/2023.4.26)
4位:『불편한 편의점(不便なコンビニ)』(教保文庫オリジナル 冬の贈り物エディション)キム・ホヨン著(ナムヨップウィジャ/2021.4.20)
5位:『황금종이(黄金の紙) 1』チョ・ジョンネ著(ヘネム出版社/2023.11.21)
6位:『메리골드 마음 사직관(マリーゴールド 心の写真館)』ユン・ジョンウン著(ブックロマンス/2024.1.12)
7位:『메리골드 마음 세탁소(マリーゴールド 心の洗濯屋)』(30万部記念限定フラワーエディション)ユン・ジョンウン著(ブックロマンス/2023.3.6)
8位:『작별하지 않는다(別れは告げない)』ハン・ガン著(文学トンネ/2021.9.9)
9位:『각각의 계절(それぞれの季節)』クォン・ヨソン著(文学トンネ/2023.5.7)
10位:『불편한 편의점2(不便なコンビニ)』(紅葉エディション)キム・ホヨン著(ナムヨップウィジャ/2022.8.10)

注目の新刊は以下のとおりです。
『메리골드 마음 사직관(マリーゴールド 心の写真館)』ユン・ジョンウン著(ブックロマンス/2024.1.12)
「あたたかい思い出や未来の姿、あなたも知らない自分の本当の気持ちまで、一枚の写真に写してさしあげます」。心の写真館で写すことができるのは過去でも未来でも、自分の望み通りの時間の自分。様々な事情を抱えたお客さんが写真館を訪れカメラの前に立ちます。写真館を訪れる人々のエピソードに共感しながら、幸せな瞬間も苦悩の瞬間も、どの時間も自分の人生の大切な時間の一部であること思い出させてくれる癒しの一冊です。

『구름문(雲の扉)』イ・ダハ著(アジャク/2024.1.15)
第3回ムン・ユンソンSF文学賞長編部門優秀賞受賞作品。不眠症が当たり前になった近未来で、就活に失敗してばかりのジウンは生まれて初めて眠りの結晶「クルム(韓国語で雲の意味)」を使うことを決めます。「クルム」を生産するのは意のままに眠ることができる「スリーパー」。ほとんどの人がスリーパーから「眠り」を買わなければ眠れず、スリーパーは芸能人顔負けの人気ぶり……。現代社会の問題をベースにした共感覚的な「クルム」の設定と魅力的な導入部、緻密な感情の描写とストレートな物語の展開が審査員の間で話題を集め、満場一致で優秀賞を受賞。これをきっかけに作者は作家デビューを果たしました。(文/高上由賀)