K-BOOK振興会とは

K-BOOK振興会は2011年の設立以来、日本の出版界で翻訳・出版される韓国書籍の拡充を図るため、積極的に情報発信を行うとともに様々なイベントを実施して参りました。
韓国書籍のガイドブック(『日本語で読みたい韓国の本‐おすすめ50選』1号~7号)の発行時に出版関係者向けに行った説明会をはじめ、韓国がテーマ国となった2013年の東京国際ブックフェア(主催:リード エグジビション ジャパン)、韓国文学読書感想文コンクール(主催:韓国文学翻訳院)などでも企画から実施まで協力をさせていただきました。
2020年4月1日から一般社団法人K-BOOK振興会と名称が変わりました。
近年手掛けた事業のなかから、2020年度も実施予定しているものをご紹介いたします。

主な活動実績

K-BOOKフェスティバル(2019年、2020年)

日本でK-BOOKを翻訳出版する出版社と読者の皆さんとが直接つながり、話題沸騰中の韓国の翻訳小説、エッセイ、絵本など「韓国の本=K-BOOK」の世界の盛り上がりを体感いただける場所です。韓国の人気書店もやってきます。また韓国から作家を招いたブックコンサートで、さらにその作品の世界を楽しんでいただくことができます。

日本語で読みたい韓国の本 翻訳コンクール(2018年、2019年、2020年)

今ますます注目を浴びている韓国文学の魅力を伝える優秀な新人翻訳家の発掘を目指し、K-BOOK振興会と出版社クオンが開催する翻訳コンクールです。第一線で活躍する作家・翻訳家が選考を行い、受賞作はクオンから刊行されます。翻訳者への第一歩が開かれるチャンスです。

第1回コンクールより:
応募総数212名の中から最優秀賞に選ばれた牧野美加さんをはじめ、受賞者3名が翻訳を手掛けた『ショウコの微笑』(クオン刊)。

K文学レビューコンクール(2008年から毎年)

韓国文学翻訳院が世界18ヵ国で開催している「韓国文学読書感想文コンテスト」。日本では「K文学レビューコンクール」として2019年よりK-BOOK振興会と共催で開催されています。受賞作はK-BOOK振興会のホームページやK-BOOK読書ガイド『ちぇっくCHECK』、また韓国文学翻訳院刊行の「受賞作品集」に掲載されます。

翻訳フェスティバル(2018年、2019年、2020年)

2018年よりスタートした「翻訳フェスティバル」は、韓国語はもちろん英語、ドイツ語、中国語、チェコ語など各言語の翻訳者を招いたトークセッションなどを通じて、「翻訳」を軸に海外文学の魅力を語り合うイベントです。また「日本語で読みたい韓国の本 翻訳コンクール」の授賞式も行われ、翻訳者として第一歩を踏み出した皆さんを紹介しています。

K-BOOK読書ガイド「ちぇっくCHECK」(2017年1号、2018年2号、2019年3-6号、2020年7号)

2017年より刊行している、韓国文学・韓国の本の魅力を紹介するK-BOOK読書ガイドです。作家・翻訳家・書評家によるレビューや、作品の作り手である編集者からのメッセージ、特集記事など、毎号盛りだくさんの内容です。巻末には邦訳書を中心に編んだブックカタログなども掲載され、まさにK-BOOKを知るガイドブックです。全国の書店にて無料配布中。

日韓出版関係者交流会

一人出版社、独立書店、フリー編集者同士の交流会―日本と韓国でそれぞれ1回
3泊4日の勉強会にして事例発表、出版社訪問、書店訪問、共同編集会議などを開きます。

一般社団法人 K-BOOK振興会 役員

代表理事
中沢けい(小説家)
専務理事
金承福(株式会社クオン 代表取締役)
理事
舘野 晳(翻訳家)
高井昌史(紀伊國屋書店社長兼会長)
金正出(青丘学院理事長)
高柳俊男(法政大学国際文化学部教授)
監事
永田金司(税理士、元新宿税務署長)
アドバイザー
相賀昌宏(小学館社長)

きむ ふな(翻訳家)

一般社団法人 K-BOOK振興会
〒101−0051東京都千代田区神田神保町1−7−3三光堂ビル3F(株式会社クオン内)
tel:03-5244-5426
mail:cuon@cuon.jp