『韓国の小説家たち Ⅰ』( イ・ギホ、ピョン・ ヘヨン、 ファン・ ジョンウンほか/著 呉永雅、きむ ふな ほか/訳 クオン)

韓国文学もたくさんの作品が翻訳され、様々な作家が知られるようになってきました。この作品を書いた作家はどんな人なのだろうと、作家についてもっと知りたいと思ったことはありませんか? 『韓国の小説家たち Ⅰ』(クオン)は、イ・ギホ、ピョン・ヘヨン、ファン・ジョンウン、キム・ヨンス、クォン・ヨソンと、日本でも人気の韓国人作家が自分の作品や生活、文学全般について語ったロングインタビュー集です。呉永雅さん、きむ ふなさん、斎藤真理子さん、清水知佐子さん、橋本智保さんと、それぞれの作家の作品を翻訳されたことのある方々がインタビューを翻訳しています。
編集と翻訳を担当された清水知佐子さんにメッセージを寄せていただきましたので、ご紹介します。

なぜイ・ギホはダメ男を書かせたらピカイチなのか? ピョン・ヘヨンの作品を読むとミステリーでもないのにぞわっとする理由は? ファン・ジョンウンの「d」(『ディディの傘』に収録)の主人公が「d」と「dd」なのはどうして? キム・ヨンスの意外なデビューの経緯と村上春樹との関係? クォン・ヨソンが「時代を記憶するため」に書いてきた小説とお酒以外の意外な趣味とは? この5人の作家のファンにとってはたまらない、硬軟取り交ぜたエピソード満載のロングインタビュー集です。すでに邦訳されている作品はもちろん、未邦訳の作品についてもたっぷり語られていて、ここからまた新たな邦訳作品が次々と生まれそうな予感がします。

『韓国の小説家たち Ⅰ』( イ・ギホ、ピョン・ ヘヨンほか/著 呉永雅、きむ ふな ほか/訳 クオン)